1誘電体共振器、2モード法による高温超伝導体の表面リアクタンス測定に関する検討 Discussion on measurements of surface reactance of high-T_c superconductors using two modes in a dielectric rod resonator

この論文をさがす

著者

抄録

マイクロ波帯における高温超伝導体の表面リアクタンスX_sの測定法として、TE_<012>とTE_<012>のモードを用いる1誘電体共振器法を提案する。本測定法は、TE_<012>とTE_<012>モードを同時に測定することにより表面抵抗R_sおよびX_sの温度依存性の測定を1回の測定のみで可能となるため、従来の測定法に比べて高精度に測定できる。

In order to measure the surface reactance X_s of high-T_c superconductors at microwave frequency, we propose a method using two resonant modes in a dielectric rod resonator, the TE_<012> and TE_<012> modes. This method is more accurate than the conventional method, because the temperature dependence of R_s and X_s can be measured by only one time.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 97(374), 31-36, 1997-11-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003189279
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ