最低次TMモード誘電体共振器を用いた導波管励振形フィルタの設計 Design of Waveguide Type Filters Using Lowest-Order TM-Mode Dielectric Rod Resonators

この論文をさがす

著者

抄録

比誘電率24の低損失BMTセラミクスからなる最低次TM_<01δ>モード誘電体共振器を用いて、導波管励振形フィルタの設計を行う。放送衛星用通信機器への応用を想定して、12GHz帯において帯域幅が36MHzのチェビシェフ型4段帯域通過フィルタと最平坦形2段帯域阻止フィルタを設計した。その結果、帯域通過フィルタについては挿入損0.6dBのフィルタが得られた。一方、帯域阻止フィルタについては中心周波数において70dBの減衰量が得られた。また、両方のフィルタにおいて、中心周波数よりも低域において他のモードが存在しないことにより、良好なスプリアス特性が得られた。

The waveguide type Filters are designed by using the lowest-order TM_<01δ>-mode dielectric rod resonators fabricated by a low-loss BMT ceramics of relative permittivity of 24. A four-stage Chebyshev bandpass filter and two-stage maximally-flat bandstop filter are designed for a bandwidth 36MHz in 12GHz to apply to a Japanese broadcasting satellite. As a result, the insertion losses at the center frequencies are 0.6dB for the bandpass filter, and 70dB for the bandstop filter. Since there are no other modes in the frequency band lower than the center frequency, good spurious characteristics are realized for these filters.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 95(371), 55-60, 1995-11-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003189471
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ