誘電体装荷高温超伝導空洞を用いたマイクロ波フィルタの高電力化に関する諸検討 Investigation for High Power Bandpass Microwave Filter Using a Dielectric-Loaded High-Tc Superconducting Cavities

この論文をさがす

著者

抄録

2個のTM_<01δ>モード誘電体共振器を空洞内に同軸状に配置することにより、3dB帯域幅36MHzの12GHz帯帯域通過フィルタを構成し,高電力特性と相互変調歪みの測定を行った。誘電体をMgOの放熱棒で支持することにより耐電力性が2倍高くなり、77Kにおいて10Wまで0.2dB以下の低損失性を維持し,20Wを越える耐電力性をもち、相互変調妨害が100dBmとなることが実証された。

A narrow-bandwidth bandpass filter with a center frequency of 12GHz and 3dB bandwidth of 36MHz is constructed by orienting two TM_<01δ> mode dielectric rod resonators in the center of a cavity. The dielectric rods were supported by thin MgO rods with good thermal diffusion. to increase the power handling capability. This filter realizes the low-loss characteristic below 0.2dB up to 10W, the high-power handling capability over 10W and the third-order intermodulation intercept of 100dBm at 77K.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波  

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 95(179), 51-56, 1995-07-25 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003189536
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ