第10回 アジア・パシフィック マイクロ波会議(APMC'98)報告 Report on the Tenth Asia-Pacific Microwave Conference (APMC'98)

この論文をさがす

著者

    • 小林 禧夫 Kobayashi Yoshio
    • 埼玉大学工学部 電気電子システム工学科 Department of Electrical and Electronic Systems, Faculty of Engineering, Saitama University

抄録

1998年12月8日から11日までパシフィコ横浜で開催された第10回アジア・パシフィックマイクロ波会議(APMC'98)、およびこれに付設して開催されたマイクロウェーブ展'98 (Microwave Exhibition '98)の概要を報告する。APMCは、アジア・太平洋地域の国で持ち回りで開催されており、日本で開催されたのは1990年、1994年に続き3回目である。APMC'98では、44の口頭発表セッション、2つのOpen Forumで304件の発表論文、12件の招待講演が行われ、最終日には10のテーマのWorkshopsと2つのShort Coursesが開催された。マイクロウェーブ展'98は、技術展示会、初学者を対象とした基礎講座、製品の技術紹介を提供する企業セミナー等が開催された。APMCセッションとWorkshopsの参加者は794名、マイクロウェーブ展'98は国内出展社が80社、海外出展社が236社、来訪者は約5000名であった。

This report summarizes the Tenth Asia-Pacific Microwave Conference (APMC'98) and Microwave Exhibition '98 held simultaneously on December 8 through 11, 1998 at the Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan. APMC'98 corresponds to the third time held in Japan succeeding to APMC'90 and APMC'94. In the '98, 304 accepted and 12 invited papers were presented 44 Regular Sessions and two Open Forums, and ten sessions of Workshops with two Short Courses were held at the final day. In Microwave Exhibition '98, an international microwave exhibition, tutorial lectures for freshmen, seminars by exhibitors were held. The number of registrants was 794 for APMC'98, and about 5000 for Microwave Exhibition '98.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波  

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 99(78), 91-98, 1999-05-21 

    一般社団法人電子情報通信学会

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003189981
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4759495
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ