誘電体共振器、フィルタ、および材料測定の数値解析プログラム PROGRAMS FOR ANALYZING DIELECTRIC RESONATORS, FILTERS AND MEASUREMENTS NUMERICALLY

この論文をさがす

著者

抄録

埼玉大学小林嬉夫研究室では、35年間にわたりマイクロ波誘電体共振器およびそれを用いたフィルタ、誘電体材料及び高温超電導体の特性評価に関する研究を行ってきた。この過程で誘電体共振モードの解析及びフィルタの高精度設計、複素誘電率の温度特性測定用プログラムなど、数値解析に必要なプログラムを開発された。本報告ではそれらの概要が述べられる。

For 35 years at Y. Kobayashi laboratory in Saitama University, the research on microwave dielectric resonators, filters using these resonators, and measurement of dielectric materials and superconductors has been performed. As a result, some useful programs for numerical analysis of resonance modes of dileclric resonators, precise designs of dielectric filtes, and automatic measurements of temperature dependences of material have been developed. In this report, these contents are reviewed briefly.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 99(284), 49-54, 1999-08-27

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  50件中 1-50件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003190002
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4852293
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ