イメージ形誘電体共振器の2共振モードによる導体板の表面抵抗の測定 Measurement of surface resistance of a conductor plate using two modes in a image type dielectric resonator

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では、マイクロ波帯における高温超電導体の表面抵抗R、,測定に関して、イメージ形誘電体共振器に存在する2つの共振モードを用いる新しい測定法を提案する。すなわち、R,は、誘電体の比誘電率ε,と誘電正接tanδとともに、これらの共振モード各々の共振周波数と無負荷Qの測定値より求められる。この測定法の特長は、1枚の高温超電導体のR,の温度依存性が1回の測定で求められることである。はじめに測定原理を述べ、次に高温超電導薄膜とサファイア円柱を用いた場合の誘電体共振器の最適設計を行う。最後に常温における銅板のR,測定を行う。測定値は従来の2誘電体共振器法とよく-致し、本測定法の有効性を実証する。

For microwave mcasuremcnt of surface rcsistance R, of high-Tc supcrconductor, this paper proposes a new method using two modcs in a image type dielectric resonator. In this mcthod, R, as well as the relative permittivity εr and loss tangent tanδ of the dielcctric rod, is obtained from the measured each values of the resonant frequcncy and thcunloadedQ. The features of this method is that the temperature dcpcndcnccs of R, of only one superconductor can be obtaincd from themeasurement of one time as a function of temperature. After the principle is presented, an optimumdesign of a resonator for high-Tosuperconductor films and a sapphire rod is pcrformed. Finally,R, of a copper plate is measured at room tempeature. The measured value agrees well one by conventlonal two resonators method. As a resuIt, the validity of this method is verified.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 99(443), 65-70, 1999-11-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003190057
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4934235
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ