最低次TM_<01δ>モード誘電体共振器を用いた帯域通過フィルタ設計 Design of Bandpass Filter Using Lowest Order TM_01δ>-mode Dielect ric Rod Resonators

この論文をさがす

著者

抄録

比誘電率24の低損失BMTセラミックスからなる最低次TM_01δ>モード誘電体円柱共振器について、隣接モードが最も離れるように最適設計を行う。またこの共振器を用いて2種類の3段チェビシェフ形帯域通過フィルタが設計される。共振器を円筒空洞内に同軸状に配置する構造のフィルタでは、TM_01δ>モードと隣接モードとの周波数比1.5である。共振器を方形空洞内に平行に配置する構造のフィルタでは、スプリアス特性を劣化させる遮へい空洞の寄生モードは空洞内に導体板を装荷することにより抑制される。これにより両方のフィルタにおいて良好なスプリアス特性が実現される。

The lowest order TM_01δ>-mode dielectric rod resonator is desig ned to realize the best mode separation by using a low-loss BMT ceramics which has relative permittivity of 24.Three-stage Chebyshev bandpass filter of two types,a coaxially couple type and a parallel couple type,are designed by using these resonators.For the coaxially couple type filter,the ratio of the resonant frequency of neighboring mode to one of the TM_01δ>-mode is 1.5.F or the parallel couple type filter,the parasitic resonant modes in the shielded cavity,which deteriorate spurious characteristic,are suppressed by placing a conductor plate in the cavity.As a result, the good spurious characteristics are realized for both filters.

収録刊行物

  • 信学技報

    信学技報, 45-50, 1993

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003190748
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013108
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ