3重縮退モード誘電体円柱共振器を用いたBPFの設計 Design of BPF using triple-mode degenerate dielectric rod resonator

この論文をさがす

著者

抄録

フィルタの小形・軽量化のため、電気ダイポールが互いに直交するTM_01δ>モードとEH_11δ>2重モードの3つの共振モードを利用した3重縮退モード誘電体円柱共振器をモード展開法により高精度に設計した。そして、3重縮退モード誘電体円柱共振器を用いた3段チェビシェフ形帯域通過フィルタ、および6段楕円関数形フィルタの設計を行い、その通過特性、反射特性、帯域外特性を示した。その結果3重縮退モード誘電体円柱共振器を用いることにより、フィルタの小形化が図ることができることを示した。また、設計に際し必要とされる励振方法、結合係数について実験的検討を行った。

For size and weight reduction of filters,a triple-mode degenerate dielectric rod resonator with TM_01δ> and two orthogon al EH_11δ>,where electric dipoles of each modes are mutually perp endiclar to each other,is designed accurately by using modematching method.Three-stage Chebyshev bandpass filter and six- stage elliptic function bandpass filter using these resonators are designed.Transmission,reflection and spurious responses for these filters are shown.As a result,these triple mode degenerate resonators are available to reduce filter size and weight. Technique of input , experimentally discussed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 93(264), 51-56, 1993-10-12

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003190749
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013108
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ