電子オークション方式の現状と課題 : グループ署名による談合防止へのアプローチ Recent Research Aspects of Electronic Auction Schemes : An approach to the prevention of bid rigging by a group signature

この論文をさがす

著者

    • 宮崎 真悟 MIYAZAKI Shingo
    • 九州大学大学院 システム情報科学研究科 情報工学専攻 Department of Computer Science and Communication Engineering, Kyushu University
    • 櫻井 幸一 SAKURAI Kouichi
    • 九州大学大学院 システム情報科学研究科 情報工学専攻 Department of Computer Science and Communication Engineering, Kyushu University

抄録

高値で落札を続けている応札者の情報が応札時に明らかになることで, 他の参加希望者の参加意欲が失われる. これにより競争原理を崩壊させて市場を独占し, 当該応札者が安値で落札することが可能となる. そこで, 従来の方式と比較しながら, 個人に関連した情報を公開しないような方式を検討し, このような参加意欲を操作する仕組みを排除する. 具体的に, 検証者に応じて否認証明に関する情報を段階的に与える手法とグループ署名を導入する. 本稿では, 従来の電子オークション方式の個人に連結した情報を一切公開しない検証可能な電子オークション方式を検討する.

The existence of people, who often become the successful bidder with the high price, can dampen another incentive to participate in the auction. Abusing this trick allows the bidders to monopolize the market and tender with the low price successfully. So, in order to exclude the trick, we examine the method not to require publishing the information including the identify of each bidder, as comparing with the previous schemes. Concretely, we introduce the concept of a group signature and a method to give the minimum knowledge for the disavowal proof according to kinds of verifiers. In this paper, we propose a verifiable auction scheme without publishing the information related to the identity of each bidder.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論

    電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論 98(653), 73-78, 1999-03-10

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003197547
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013083
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ