周波数選択板装荷導波管フィルタの小型化のための設計について A Design Method of Waveguide Filter with Closely-Spaced Frequency Selective Surfaces

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは, 複数減衰極を実現できるフィルタとして, 周波数選択板(FSS)を共振器, λ_<g0>/4導波管をインバータとして用いたFSS装荷導波管フィルタを提案し, 数値計算及び実験によってその有効性を示してきた. 本稿では, インバータ部の短縮, すなわちFSSを近接配置することによりフィルタの小型化を図るため, その設計に有用な等価回路論的手法を示している. まず, 所望の通過域を構成するのに必要な共振条件及びインバータパラメータを導出している. この場合, 中心周波数f_0以下でFSSが共振するように設計する必要があり, 本手法を用いれば任意のFSS間距離に対して従来フィルタと同じ通過域が設計できることを示している. 一例として, 遺伝的アルゴリズムを用いてFSS素子形状の設計を行い, 従来のおよそ半分のサイズで有極形導波管フィルタを実現している. 本法の有効性は, モーメント法による数値計算によって検証している.

We have already developed a waveguide filter with multiple attenuation poles, which consists of frequency selective surfaces (FSSs) as resonators and quarter-wavelength waveguides as inverters. In this paper, an equivalent circuit approach is presented in order to realize the size reduction by making the length of the inverter sections shorter than quarter wavelength, that is, closely-spaced FSSs. For this purpose, we first derive resonant conditions and inverter parameters to construct a desired passband of compact filters. It should be noted here that FSSs are required to resonate at the frequency below the center frequency in a passband. Nevertheless, the filter having the waveguide sections of arbitrary length can provide successfully the same passband as a conventional filter having quarter-wavelength inverters. The validity of the design approach has been proved by the numerical results of a designed size-reduced filter using the method of moments.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. SCE, 超伝導エレクトロニクス 105(33), 15-20, 2005-04-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003204690
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012885
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7359605
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ