ATM NIC によるマルチキャストルーティングの限界 Scalability Analysis on Multicast Routing

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では広帯域ネットワーク上で多地点遠隔コンファレンス(学会)をIPv6によるマルチキャスト配信を用いて行った.機材としてマルチキャスト配信にはPCベースのルータ,民生用DVクオリティの映像の送受信を各地点で行うのにはノートPCを用いた.各地点でフルレートのDVストリームをマルチキャストで複数本送出した場合にパケットロスが生じたため,その原因を探るため測定等を行った.測定の結果より今回のマルチキャスト配信では,配信用サーバのATM-NICのからの割り込み処理に費やす時間が性能に影響を与えることが分かった.

This paper propose Multicast routing performance evaluation scheme using the PC based router. It is well known that most of CPU's instruction throughput is consumed in multicast traffic by interface's interrupts and memory copy. We measured PC's performance in the teleconference over broadband networks using DVTS to determine actual cause of performance problem. As a result, we confirmed that due to ATM-NIC's interruption on a multicast server gave greater influence on multicast routing performance.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 101(639), 9-15, 2002-02-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003205648
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6105355
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ