100Gbpsおよび多機能時代のインターネットに対応するバックボーンルータアーキテクチャ Next Generation Backbone Router Architecture supporting 100Gbps and Multi-functional Internet

この論文をさがす

著者

抄録

インターネットトラフィックの増加に対応する新しいバックボーンルータアーキテクチャTera-Gearsについて述べる.Tera-Gearsはパケットの解析を行うP-Gear,パケットの宛先ポートヘの転送を行うS-Gear,宛先ポートの決定を行うL-Gearの3つのルータ基本要素により構成される.P-Gearはトラフィックにあるローカリティを有効利用するため,プロセスラーニングキャッシュ(PLC)とキャッシュミスハンドラ(CMH)を搭載したネットワークプロセッサである.S-Gearはアービタとクロスバのハイブリッド構造をもち,パイプライン化が容易で,かつQoSを提供する高機能スイッチである.L-Gearは検索メモリのハードウェア規模を増大させることなく要求をコンバインして高速検索を可能とする検索ハードウェアである.P-Gearについて,実トラフィックを利用した仮想100Gbpsの機能レベルシミュレーションにより有効性を検証した結果,約2.5倍以上のスループット向上を確認した.

A router architecture for supporting the increasing internet traffic, called Tera-Gears, is discussed. Tera-Gears consist of three basic elements; P-Gear for analyzing packets, S-Gear for transmitting packets to destination ports, and L-Gear for defining destination ports. P-Gear is a network processor including Process-Learning Cache (PLC) and Cache Miss Handler (CMH) that use a locality in the internet traffic effectively. S-Gear is a sophisticated switch including a hybrid crossbar arbiter, having a suitable structure to form a pipeline structure, and supporting QoS. L-Gear is a table-lookup hardware, which enables a high-speed lookup by combining requests and prevents increasing the hardware size of routing table memories. Some simulations are also made to confirm its effectiveness in P-Gear. The simulation is a functional simulation using a virtual lOOGbps that is based on a real traffic. This simulation result shows that P-Gear can improve the throughput over 2.5 times.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 104(340), 41-46, 2004-10-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003205672
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7153678
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ