200Ahシール鉛蓄電池劣化判定装置の開発 Development of Deterioration-Estimation Equipment for 200-Ah Sealed Lead-Acid Batteries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

通信用電源システムには、バックアップ用として鉛蓄電池が幅広く使用されている。しかし、一般に鉛蓄電池は経年により劣化し、蓄電池容量が減衰するため、定期的に蓄電池の劣化状況を把握する必要がある。このうち、シール鉛蓄電池については、NTT堺界領域研究所において簡便な劣化判定法の検討が行われ、本学会で報告されている。本論文では、この検討を引き継ぎ、フィールド調査により測定精度の検証を行うとともに、実用化検討を行った結果、導入の見通しを得ることができたので、その検討結果を報告する。

Lead-acid batteries are widely used in telecommunications networks for stand-by power system.It is necessary to periodically check the batteries′ capacity because the batteries deteriorate wi th age.The manpower reguired to check these batteries is seriously consideration.Equipment for estimating battery deterioration has been developed.This remarkable piece of equipment is capable of reducing the reguired manpower.This paper describes the results of field tests and methods for increasing the acuracy of this device.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. PE, 電子通信用電源技術   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. PE, 電子通信用電源技術 93(487), 21-26, 1994-02-25  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003206884
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10012965
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ