GAを用いた任意形状平面回路フィルタの一構成法 A Planar Circuit Filter with Arbitrarily-Shaped Elements Generated by Genetic Algorithm

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは, これまでに空間フィルタ及び導波管フィルタにおいて遺伝的アルゴリズム(GA)を用いて共振素子の設計を行い, 特性改善を図ってきた.平面回路フィルタにおいても, 導体パッチ素子をGAで最適化した例が報告されているが, 通過域の構成や阻止域特性まで考慮した設計ではなく, 十分な検討は行われていない.そこで本稿では, 阻止域特性まで考慮してGAを用いて平面回路フィルタの任意形状回路の最適化を行い, 従来にはない平面回路素子を開発している.まず, 任意形状素子で構成される平面回路フィルタのGA最適化手法及び解析法について述べ, 次に, 例として帯域通過フィルタの仕様を基に最適化を行った結果について示している.さらに, GAで得られた回路形状を実際に試作, 実験を行い, 解析結果との比較によって任意形状平面回路フィルタの有効性を確認している.

We have already developed frequency selective surfaces for both spatial-filter and waveguide-filter applications by optimizing an arbitrarily-shaped resonant element using a genetic algorithm (GA). Also, the GA-optimization method for printed-circuit applications has been proposed, but the detail investigation has not been made. This paper presents three configurations of a bandpass filter obtained by the GA optimization of a printed circuit having arbitrarily-shaped elements. As a result, it is shown that the filters constructed by novel elements realize both a passband and attenuation poles on each side of a passband. The effectiveness of the present filters is proved by the comparison between the calculated and the measured results.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波

    電子情報通信学会技術研究報告. MW, マイクロ波 105(181), 59-64, 2005-07-08

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003225215
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013185
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7387027
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ