遠隔学習システム標準化の動向と今後の研究課題 Standardization Movement of Distance Learning System Specification and Beyond

この論文をさがす

著者

    • 井上 智雄 INOUE Tomo'o
    • 学術情報センター研究開発部 Research and Development Department National Center for Science Information Systems
    • 上野 晴樹 UENO Haruki
    • 学術情報センター研究開発部 Research and Development Department National Center for Science Information Systems

抄録

遠隔学習システムの研究開発, 実用システムの開発ともに活発な米国を中心として遠隔学習システム仕様の標準化の動きが出てきている.実用遠隔学習システムの研究開発を進めている筆者らのプロジェクトIDLEにおいても, これらの動向を調査している.本稿では, 主要な標準規格化団体とその成果について報告し, それらの1つであるIEEEによる標準案について詳細に述べる.また, IEEE標準案の対象ではないが, 効果的な遠隔学習システムの作成に考慮すべき点について述べる.

Movement of standardization for specification of distance learning systems has come up recently as the deployment of distance learning systems. Several organizations seem to be working on standardization simultaneously. This paper describes the movements as a step of our distance learning project IDLE. This paper then explains the draft standards of IEEE as one of the standardizing works. Issues to discuss that are not dealt in the IEEE drafts are also given.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理

    電子情報通信学会技術研究報告. AI, 人工知能と知識処理 99(717), 41-48, 2000-03-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003225890
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013061
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5354697
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ