並立助詞「と,や,に」の意味の形式的分析 Semantics of Japanese Particles for NP Coordination

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中川 裕志 NAKAGAWA Hiroshi
    • 横浜国立大学工学部電子情報工学科 Division of Electrical and Computer Engineering, Fuculty of Engineering, Yokohama National University

抄録

名詞句を接続する並立助詞「と, や, に」についてはこれまでに言語学者により多くの研究がなされており, これらそれぞれの意味の違いが明らかになっているが, 日本語の形式的意味論ではこれらの並立助詞の意味についてはそこまでの扱いはなされていない. しかし実際の談話で並立助詞の使い分けによって有益な情報が伝達されているのは明らかであり, 自然言語処理において並立助詞の処理は必要である. このための基盤として本論文はMontague意味論の上で並立助詞の意味の形式化を行う. Montague意味論は言葉の指示対象を扱う意味論であり, そのため言葉の意味とモデルとの関係を考えることが容易であるという利点をもつ. 並立助詞を扱うためには形式意味論の体系が複数名詞句を扱えることが必要である. 本論文ではCarlsonおよびLink, Landmanによる英語複数名詞句を扱う形式的枠組みを日本語に導入する. 本論文はそれぞれの並立助詞について意味の違いを反映した定式化を行うと共に, これら並立助詞の意味は談話という環境すなわち語用論的条件が成立しているもとではじめて実効的な意味となるということを明らかにする. Montague意味論の特色を利用して「と, や, に」の意味を分析したが, それ以上の分析すなわち言葉の情報伝達としての意味や文脈依存性の分析はより情報指向的な意味論を用いる必要がある.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理   [巻号一覧]

    電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-情報処理 J80-D-2(10), 2770-2779, 1997-10-25  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003227136
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1007132X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151923
  • NDL 記事登録ID
    4323310
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1853
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ