聴覚障害者のためのリアルタイム字幕表示システム Real-Time Japanese Captioning System for the Hearing Impaired Persons

この論文をさがす

著者

抄録

講演,講義などにおいて,健常者の話をリアルタイムで(即時に)ほとんど正確かつ忠実に文字に変換,表示し,聴覚障害者に伝える新しい音声情報の伝達手段として,リアルタイム字幕表示システム(RSVシステム)の研究開発に成功した.従来,聴覚障害者への音声情報の伝達手段は,口語(読唇術)と手話通訳と要約筆記しかなく,どの方法も大きな欠陥を持っていた.最近,コンピュータを利用したリアルタイム文字化システムの開発が試みられているが,多くの問題がある.RSVシステムでは,1991年に我々の1人(柴田)が開発した日本語高速入力用ステノワードキーボードを大幅に改良し,パソコンに接続する.そして,話者の話を高速入力,かな漢字変換し,高速字幕合成装置に送る.これを字幕として話者などを映したビデオ映像に合成し,リアルタイムで表示できる.このシステムの大きな特徴は,先にすべての読みを表示し,その後でかな漢字混じり文を表示することにより,聴覚障害者の中でも特に言語力の低い者に対する情報伝達を配慮したことである.そして,視聴実験により,この読みの効果を検証し,報告する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-情報処理

    電子情報通信学会論文誌. D-2, 情報・システム 2-情報処理 00078(00011), 1589-1597, 1995-11-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  31件中 1-31件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003227376
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1007132X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151923
  • NDL 記事登録ID
    3635305
  • NDL 刊行物分類
    M079(振動工学・音響工学)
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-1853
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ