高温超伝導体のマイクロ波特性のための3流体モデルの改善 Improvement of Three-Fluid Model on Microwave Characteristics for High-Tc Superconductors.

この論文をさがす

著者

抄録

室温から極低温までの高温超伝導体のマイクロ波特性を説明するため、従来の3流体モデルの運動量緩和時間τに温度特性を導入した改良形3流体モデルを提案する。本モデルによる表面インピーダンスZ_s=R_s+jX_sおよび複素導電率σ=σ_1-j σ_2の解析値はYBCOバルクの測定値とよく一致し、本モデルの有効性が明らかにされる。また、従来の3流体モデルでは説明できなかった、臨界温度T_c直下の温度において観測される、BCS理論から導かれるものと似たような振る舞いを持つσ_1のピークが、本モデルにより説明される。最後に、残留伝導電子密度n_res>と全伝導電子密度n_tの比;n_res>,n_tを用いた高温超伝導体の材料評価の有効性が明らかにされる。

In order to explain the microwave characteristics of high-T_c superconductors in room to cryogenic temperature,an improved three- fluid model is proposed in which the temperature dependence of the momentum relaxation time τ is introduced.The temperature dependenc e of the surface impedance Z_s=R_s+jX_s,where R_s is the surface resistance and X_s is the surface reactance,and the complex conductivity σ=σ_1-j σ_2 of a YBCO bulk calculated from this mod el,agrees very well with measured ones.Also,this model enables us to explain a peak of σ_1 observed just below the critical temperat ure T_c which has a similar behavior one derived from the BCS theory.Finally,it is verified that the availability of ratio n_ res>, n_t to evaluate material quality of high-T_c superconductors,where n_res> is the residual normal electron density and n_t is the total electron density.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播  

    電子情報通信学会技術研究報告. A・P, アンテナ・伝播 93(4), 61-66, 1993-04-22 

    一般社団法人電子情報通信学会

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003248034
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060764
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • データ提供元
    CJP引用 
ページトップへ