WDM伝送における発光タイミング制御を適用した非線形クロストーク抑圧法  [in Japanese] Nonlinear crosstalk suppression in WDM transmission by using timing-contorolled RZ signals  [in Japanese]

Access this Article

  • CiNii Fulltext PDF

    Subscription

Search this Article

Abstract

波長多重(WDM)伝送の伝送距離を制限する主因の一つに、光ファイバ中におけるWDM特有の非線形効果(四光波混合(FWM)、相互位相変調(XPM))による波形劣化がある。FWMによる波形劣化を抑圧するために、分散マネジメントを用いる方法が知られているが、その抑圧効果にも限界がある。本報告では、発光タイミングを制御したRZ符号を用いることによってFWM、XPMを抑圧する伝送方式を提案し、本提案と分散マネジメンとを適用したシステム構成の長距離伝送への有効性について検討した。

Journal

Proceedings of the IEICE General Conference   [List of Volumes]

Proceedings of the IEICE General Conference 1996年.通信(2), 572, 1996-03-11  [Table of Contents]

The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Cited by:  4

You must have a user ID to see the cited references.If you already have a user ID, please click "Login" to access the info.New users can click "Sign Up" to register for an user ID.

Codes

  • NII Article ID (NAID) :
    110003268072
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID) :
    AN10471452
  • Text Lang :
    JPN
  • Article Type :
    Proceedings
  • Databases :
    CJPref  NII-ELS