顔画像解析を用いた知能発達障害小児の早期検出 Detection of mentally retarded children by analyzing facial expressions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 学習障害を持っている知能発達障害の小児は、知能指数(IQ)テストによって発見される。脳の成長率は、出生から3歳までの間に約80%、5歳になるまでに90%、そして6歳で100%に達すると言われている。特に脳の成長の大部分は出生からの3年間と言われている。本研究では、顔画像を呈示した時の小児の反応を解析し、知能発達障害小児の早期検出を試みる。もし、知能発達障害の小児を3歳になるまでに発見することができれば、脳が完全に発達する前に、リハビリを行うことができ、脳障害の回復の可能性はより高くなる。実験データから、顔画像のカテゴリーによって結果が異なることがある。被験者の母親の表情を呈示すると、被験者が容易に情報を認識・理解し表情を表出することができる。

Recently, mentally retarded children with learning disabilities are detected when children can be evaluated by their intelligence quotient(IQ). Many results have shown that between birth and the age of three, brain development almost reaches 80%, before the age of five reaches almost 90% and maximum efficiency before six years old. It is in the first three years of human life that the brain has most of its growth. In this study, we try to detect mentally retarded children by analyzing their facial expressions after displaying certain face picture images. If mentally retarded children could be detected before the age of three, the correct treatment could be prescribed at an early stage before the brain completely develops. Therefore the possibility for the brain recovery is higher and also could increase the child's ability. From this study, we can conclude that children easily recognize and understand information from familiar sources, like their own mother's facial expressions than from unknown sources, like from unknown woman.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 100(482), 9-14, 2000-11-27  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003271706
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5637621
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ