運転行動信号に含まれる個人性のモデル化 Modeling of Individualities in Driver Behavioral Signals

この論文をさがす

著者

抄録

自動車の安全性・利便性を向上させる手法の一つに, 速度, 車間距離, アクセルペダル操作位置の信号などの運転行動情報の利用が考えられる.例えば, 車間距離の取り方やアクセルペダルの踏み方のパタンの個人性を利用した個人認識や, 通常時の運転行動と比較することで運転者の居眠りや飲酒運転などの状態認識といった応用が考えられる.そこで, 本研究では, 運転者の運転に対するルールが反映されていると考えられる速度と車間距離の関係などの同時分布を運転の大局的特徴としてモデル化する手法と, 短時間に含まれる運転者の癖が反映されている局所的特徴をモデル化する手法により, 運転行動に含まれる個人性をモデル化し, 個人識別実験を行った.その結果, 89.6%の識別率が得られた.

Driving behavioral signals are expected to be used to improve the safety and convenience while driving. For example, the use of driver's characteristics of the way of controlling vehicle speed, keeping headway distance, and hitting the accelerator pedal will allow us to achieve driver recognition for automatic adaptation of vehicle environments. Drowsy driving detection might also be realized by comparing the driving behavior with that of normal driving. In this work, long-term characteristics of the driver's behavior in the relation between the vehicle speed, the headway distance and the accelerator pedal position, and short-term spectral characteristics of the accelerator pedal position are modeled with Gaussian mixture models. We conduct a driver identification experiment and an 89.6% identification rate is obtained.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 104(582), 17-22, 2005-01-15

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003272598
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7253340
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ