Virtual Reality 技術を用いた犯罪不安感評価による防犯照明要件の研究 Research of Street Lighting to allay Fear of Crime by Virtual Reality Technology

この論文をさがす

著者

抄録

Virtual Reality技術を用いて街路の明るさ要因を操作することで防犯照明による犯罪不安感軽減効果を評価した.条件は, 従来の20W蛍光灯タイプとより明るいクラスB(社団法人日本防犯設備協会推奨照度)を満たす防犯照明を比較した.被験者として20〜30代の女性に参加してもらった.画像提示装置として半球ドーム型映像提示システムを用いて犯罪が多く問題となった通りを映像化して提示した.不安を感じた箇所の申告, 血圧測定を行った結果, クラスBタイプにおいて不安申告数の減少と20Wタイプで見られた不安箇所に対応した血圧上昇が小さかったことから, クラスBを満たす防犯照明による犯罪不安感軽減効果のあることが示唆される結果となった.

The purpose of this research is to ascertain whether the improvement of street lighting has an impact on fear of crime. We introduced the Virtual Reality technology to this research, and compared conventional 20W fluorescent light type and Class-B type (JAPAN SECURITY SYSTEMS ASSOCIATION recommendation illumination) by controlling the brightness factor of the road. The 20-30-year-old woman participated in this experiment. Fear of crime was evaluated by subjectivity evaluation and the blood pressure measurement. As a result, it was suggested that fear of crime was allayed by the street lighting of Class-B.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理

    電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 105(165), 163-164, 2005-06-30

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003272675
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487237
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ