適応型情報通信アプリケーションのためのフレームワークの一考察 : エージェントに基づくシステムアーキテクチャ A Study on Framework for Adaptive Applications : An Agent-Based System Architecture

この論文をさがす

著者

抄録

今後、モバイル通信、マルチメディア通信、および、パーソナル通信を利用する形態の情報通信アプリケーションが普及すると予想される。このような情報通信アプリケーションでは、その動作環境(ネットワーク環境、端末環境、ユーザ環境)が動的に変わるため、そのときどきの動作環境に即した通信のコーディネーションを行う機能が求められる。そこで本稿では、環境変動に柔軟に適応する適応型情報通信アプリケーションのためのフレームワークとして、メディアストリームのQoSマネジメントを中心に、柔軟で迅速な適応動作を単純なシステム構成で実現できるエージェントに基づくシステムアーキテクチャを提案し、本フレームワークに基づいて試作中のプロトタイプ、および、そこで確認できた動作について報告する。

Infocom applications that use mobile, multimedia and personal communications arelikely to soon become widespread. Such applications require the ability to coordinate communications that are adapted to dynamically changing environments, e.g., network, end-system and user environments. In this paper, we propose an agent-based architecture for QoS management of media-streams as a framework for applications that adapt to environmental variations. This architecture enhances speed and flexibility through simple mechanisms. We also describe an experimental prototype based on our framework and report results of tests carried out on it.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ

    電子情報通信学会技術研究報告. CQ, コミュニケーションクオリティ 97(457), 53-60, 1997-12-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003273003
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1054106X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ