Act8オペレーティングシステムにおけるサーバ開発の枠組み A Server Framework in the Act 8 Operating System

この論文をさがす

著者

抄録

従来のマイクロカーネルでは,サブシステムを効率良く開発することが難しい,カーネルの設計が複雑になり過ぎているといった問題がある.筆者らは,マルチメディア応用等での応答性を考慮しながら,扱いやすいサーバ開発の枠組みの構築と,これに対応したシンプルなマイクロカーネルの実現を目指し, Act8オペレーテイングシステムの開発を進めている. Act8のマイクロカーネルは,実時間スケジューリング,サービス実行の並行性制御, カーネルスレッドのアドレス空間移動を統合した手続き呼出し型のプロセス間通信プリミテイブを基本に,従来のマルチスレッド方式とは異なるサーバ開発のための枠組みを提供する.本論文では, Act8におけるサーバ開発の枠組みと対応するマイクロカーネルの実現,評価について報告する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. B-1, 通信1-情報通信システム・理論

    電子情報通信学会論文誌. B-1, 通信1-情報通信システム・理論 00079(00005), 286-292, 1996-05-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003277543
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11359944
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09151877
  • NDL 記事登録ID
    3966378
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-606
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ