ラベルスイッチルータにおけるOSPFリンクステートデータベースを用いたフローアグリゲーションの実現 Flow Aggregation using OSPF Link State DataBase in Label Switching Router

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, 経路制御プロトコルであるOSPE(Open Shortest Path First)が保持するリンクステートデータベース(LSDB)を用いて, ラベルスイッチ技術を適用したルータ(LSR:Label Switching Router)が使用するラベル数を削減する手法を設計・実装した.この手法によって, N台の境界LSRを含むLSR網内で必要になるラベル数を常にN*(N-1)におさられる.さらに, 5台の境界LSRを使用したLAN環境において, OSPF情報を利用したラベル割り当て方式であるトポロジードリブン / 始点-終点境界LSRでLSPを設定した場合のラベル数を測定し, 本手法の有効性を評価した.その結果OSPFによるフローアグリゲーションにより, 常に必要ラベル数を20におさえられることが分かった.

This paper performs a mechanism reducing the required number of labels by using the Link State infomation of OSPF prtocol, and evaluates the required number of labels used in the LSR(Label Switching Router). In LSR network which contains N Edge LSRs, this mechanism keeps required number of labels N*(N-1). We evaluate the required number of labels using topology-driven / ingress-egress-routher label mapping policy using OSPF information. The flow aggregation using OSPF information kept required number of lables 20 in LSR network which contains 5 Edge LSRs.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式

    電子情報通信学会技術研究報告. CS, 通信方式 99(620), 25-30, 2000-02-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003282972
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013298
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5316953
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ