スピーカの周波数特性に観測されない音質と関係する物理要因・特性--波面再生に注目した時間領域における検討 Time domain physical factors related to a sound quality of a speaker : The observation in the time domain focusing on wavefront reconstruction.

この論文をさがす

著者

    • 平野 光一 HIRANO Kouichi
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Japan Advanced Institute of Science and Technology, Hokuriku School of Information Science
    • 篠田 亮 SHINODA Ryo
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Japan Advanced Institute of Science and Technology, Hokuriku School of Information Science
    • 三井 実 [他] MITSUI Minoru
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Japan Advanced Institute of Science and Technology, Hokuriku School of Information Science
    • 石川 智治 ISHIKAWA Tomoharu
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Japan Advanced Institute of Science and Technology, Hokuriku School of Information Science
    • 宮原 誠 MIYAHARA Makoto
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 Japan Advanced Institute of Science and Technology, Hokuriku School of Information Science

抄録

我々は,"高度感性情報"を高忠実に伝達できるオーディオ・システムの研究,開発を行っている.従来の無歪み伝送理論に於ける振幅周波数特性と群遅延特性が,ある程度満たされたオーディオ・システムであっても,音質の変化が,周波数特性上には現れてこないと言われてきたが,今回それを明確に示した.新たに,波面の忠実な再生が必要という新理論に基づき,従来の周波数領域の解析に加えて,時間領域に注目した実験を行った.その結果,周波数領域には観測されない音質の変化が,時間領域には明確に現れることを発見した.

Although the audio system have been develdped, a sound quality is insufficient to reproduce a live admiration. Where focused on the physical factor concerning the sound quality that is not observed in the frequency characteristic of the speaker. The present audio system is based on the linear system there so theory of distortionless transmission. However, the sound quality is not always improved, even if the theory is satisfied. Many improvements of the sound quality are not observed in the frequency characteristic also. Therefore, we focused on the time domain. We discovered the evidence of the sound quality that is not observed in the frequency domain, lest observer characteristic appear in the time domain.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告

    電子情報通信学会技術研究報告 103(398), 49-54, 2003-10-31

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003283836
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6767223
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ