音のゆらぎ情報と時間伸び縮み歪について The Relation between Fluctuation of Sound and Expansion and Contraction of error of time

この論文をさがす

著者

    • 三井 実 MITSUI Minoru
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 石川 智治 ISHIKAWA Tomoharu
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 宮原 誠 MIYAHARA Makoto
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology

抄録

我々は、高度感性情報再現に重要な物理要因・特性を探求し、それに基づいてオーディオシステムの開発を行っている。これまでの我々の研究により、ディジタル・オーディオ・システムの時間伸び縮み歪が、高度感性情報の再現を損なうことを発見した。本研究は、ゆらぎの再現度と、"空気感"再現は関連が深いのではないかと考え、原音楽信号のゆらぎに着目する。何故なら、ゆらぎは音が心の深層へ訴える重要な要因であり、その歪の無い再生は高度感性情報の再現であるので、空気感と関連が深い。そこで、ゆらぎに着目して信号の解析を行なった。

The standpoint of our research is to discover unknown important physical factors to reproduce the high order sensations. We have found that the expansion and contraction error of time is a major deterioration factor to reproduce the "atmospheric". We will focus on the fluctuation of musical signals, because it is considered that the "atmospheric" will related with the fluctuation which is related with the deep level of mind. we have analyzed the musical signal focusing on the "fluctuations".

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 99(260), 9-16, 1999-08-27

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003284584
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    4851987
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ