高度感性情報再現におけるバランス伝送回路の得失 The Advantage and Disadvantage of Balanced Circuits on High Order Sensation

この論文をさがす

著者

    • 藤本 桂一 FUJIMOTO Keiichi
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 石川 智治 ISHIKAWA Tomoharu
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 宮原 誠 MIYAHARA Makoto
    • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology

抄録

電気音響・音楽再生は完成したという意見も少なからずあるが, "感動の名演の再現"は, 30年前に比べて, むしろ劣っているとさえ思われる.それは, 何を忠実に再現しなければならないかが明らかでないままに研究開発がされてきたからであろう.この本質的問題を解決するために, 我々は, 感動, 即ち高度感性情報を伝達することを第一と考え, 心理量と物理要因・特性との関係を明らかにする方法;帰納的研究方法をとってきた.これまでの研究により, 例えば, "深々さ"も再現しうる音響再生装置が完成されつつある.私は, 更にこれの"品格"の再現を高めたいと考えた.そこで"品格"のある音響再生を念頭に調査した結果, バランス伝送回路で構成されたアンプが, "透明度", "深々さ", "気品"の再現が良いことが浮かび上がってきた.そこで, 本研究ではバランス伝送回路を用いたアンプの心理量 : "気品"と, それに関係する物理要因・特性について解析した.その結果, バランス伝送回路のコモンモードノイズを抑制するという特徴が"気品"の再現に強く関係しているということが明らかになった.また, これについて, されらに解析した結果, 宮原の仮説1と関係が強いことが明らかになった.最後にバランス伝送回路は, 音質上の欠点として"力感"が物足りないと評価された.その原因が, 回路構成にあることを明らかにし, この欠点を克服する新しいバランス伝送回路構成を検討した.

Have the development of sound-reproducing systems finished already? Although the digital sound systems have been advanced, the sound quality of those systems has not reached yet, the level of sound quality at the deep and hot live performance. To resolve the problem, we have introduced High Order Sensation (HOS) that is evoked from deep music, and we will aim to reproduce HOS by the digital sound system. We have developed the sound-reproducing system that could reproduce "deepness". In this paper, we have focused on the reproduction of "dignity". We have found that balanced circuits can reproduce "transparent", "deepness" and "elegant". Therefore, we have analyzed the relationship between the amounts of psychology ("transparent", "deepness" and "elegant") and the physical factors (characteristics) on Amplifier. As the result, we have clarified that the common mode noise is seriously related with the reproduction of "transparent", "deepness" and "elegant". In this paper, we will describe detail of the experiments and research process that come in the result to prove Miyahara's hypothesis. On the other hand, we have found the balanced circuit's disadvantage that is luck of "energetic". And, we have discussed how to improve the defect.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 101(598), 53-58, 2002-01-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003284823
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6073461
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ