マイクロホンアレーを用いた自由聴点音場再生システムに関する理論的検討 The theoretical study of sound field auralization system in free listening point using microphone array

この論文をさがす

著者

抄録

本稿はマイクロホンアレーが囲む空間内に音源が存在するとき、任意に定めた受聴点に対するバイノーラル信号を再現する音場再生システムを提案する。提案手法は音源の位置や数に関する情報を必要としないため、音源に対してより制約の少ないバーチャルリアリティシステムが構築できるようになると考えられる。本稿では提案手法の原理について説明し、シミュレーションによって生成した信号を用いた主観評価実験結果を報告する。

The sound field auralization system in which sound sources are surrounded with microphone array is proposed in this report. Since the proposed method does not require the information of the location and the number of sound sources, it is possible to develop the virtual reality system which has the less restriction against the condition of sound sources. In this report, the proposed method is described and examined by subjective tests.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 104(614), 7-12, 2005-01-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003284919
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7254042
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ