ケプストラム分析を用いた室内伝達関数のモデル化の検討 Model of a room transfer function using cepstrum analysis

この論文をさがす

著者

抄録

立体音場再生において用いられる両耳室内伝達関数には, 対象となる室での反射や残響を表した室内伝達関数と, 聴取者の頭部や耳介での影響を表した頭部伝達関数が含まれる.ここで, 室内伝達関数は, 再現したい対象によって異なるため, 多くの測定データが必要となる.室内伝達関数をパラメトリックに生成することができれば, データ削減などへ大きく貢献すると考えられる.そこで本研究では, 10環境において測定した室内伝達関数のパワーエンベロープをケプストラム分析して特徴量を抽出し, 室内伝達関数の分析, 及び再現を行った.その結果, 低次の特徴量には残響時間といった室の響きの長さが含まれていること, 大きな値を持つ特徴量を用いることで高精度な伝達関数の再現が可能であることが確かめられた.

In a spatial auditory system, a binaural room transfer function is often used. A binaural room transfer function consists a room transfer function and a head related transfer function. Since a room transfer function differs in every environment, a system requires a large number of room transfer functions. This report describes a modeling method using the cepstrum analysis. In our experiments, the cepstrum analysis is applied to a power envelope of a room transfer function. As the results, lower order features have a relation to a reverberation time, and larger features can reproduce a room transfer function with higher precision.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 104(715), 19-24, 2005-03-07

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003284940
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10164817
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7357550
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ