1/fピッチゆらぎおよび1/f振幅ゆらぎの母音合成における有効性の検討 On the validity of 1/f jitter and 1/f shimmer for synthesizing vowels

この論文をさがす

著者

抄録

持続発声母音の自然性の要因として、ピッチゆらぎ(ジッタ)および振幅ゆらぎ(シマ)が重要な役割を担っていることが知られている。本研究では、これまでの報告で考察されているものよりも長時間のジッタおよびシマの解析から、これらが1/f^βゆらぎ、ここで、β≃1の特徴を示すことを明らかにした。さらに、1/fゆらぎとしてモデリングしたジッタおよびシマが、白色特性のジッタおよびシマよりも、正常な持続発声母音の知覚を喚起させるうえで有効であることを音響心理実験によって明らかにした。

It is well known that pitch fluctuation (jitter) and maximum amplitude fluctuation (shimmer) play significant roles for perceiving sustained vowels as natural. In this study, it was clarified from analyses on longer duration of jitter and shimmer than those of preceding researches that these fluctuations are characterized as 1/f^β fluctuation, where β≃1. In addition, it was also certified through psychoacoustic experiments that both jitter and shimmer, which are modeled as 1/f fluctuation, are more useful for perceiving sustained vowels as normal rather than white fluctuation.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 96(565), 25-32, 1997-03-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003296196
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ