舌・口底切除における異常構音の音響的特徴 : スペクトルのピーク分析の試み Acoustic features after tongue and mouth floor resection : Preliminary report

この論文をさがす

著者

    • 齋藤 浩人 Saito Hiroto
    • 昭和大学歯学部第一口腔外科学教室 First Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Showa University
    • 鈴木 規子 Suzuki Noriko
    • 昭和大学歯学部第一口腔外科学教室 First Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Showa University
    • 赤木 正人 Akagi Masato
    • 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 School of Information Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology
    • 道 健一 Michi Ken-ichi
    • 昭和大学歯学部第一口腔外科学教室 First Department of Oral and Maxillofacial Surgery, School of Dentistry, Showa University

抄録

健常例 2 例、舌・口底切除施行例 15 例を対象とし日本語母音 /i/ 発音時の音声からの不偏推定法によってケプストラム平滑化対数スペクトルを求め、比較検討を試みたところ以下のような結果が得られた。1) 古口底切除症例では F1 が高い値を示す傾向であった。2) 舌口底切除症例では 2〜3kHz の帯域のピークの形状は様々であり、健常人にはみられない異常な形状を示す症例が過半数を占めていた。3) 舌口底切除症例では 2〜3kHz の帯域において時間経過に伴いスペクトルのピークのゆらぎを示す症例がみられた。今回の結果より本疾患症例の音響分析に際して時間経過を考慮した方法を用いることの必要性が示唆された。

Acoustic characteristics of patients after tongue and mouth floor resection were investigated using computerized maximum likelihood spectrum estimation and compared with normal subjects. The following resuIts were obtained: 1) F1 was located at a higher frequency in glossectomee than that in normal subjects. 2) In the 2 to 3 kHz range, features of spectrum peaks in glossectomee showed various abnormal patterns, which were not observed in normal subjects. 3) In the 2 to 3 kHz range, variations in the spectral peak with time were observed in glossectomee, which were not observed in normal subjects. From these results it is suggested that the selection of the analysis method is very important for observing the acoustic features of glossectomee.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声  

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 98(638), 25-31, 1999-03-04 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件

被引用文献:  6件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003297093
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ