Boneh-Franklin 分散RSA鍵生成法に基づいた時間鍵暗号の構成法 Distributed Time-Key Protocol Based On Boneh and Franklin's Shared RSA Keys Method

この論文をさがす

著者

抄録

時間鍵暗号とは, 公開鍵暗号における秘密鍵を指定された時刻になると公開するような仕組みを実現することにより、時間に依存した暗号処理/復号処理を行うものである。このような構成法においては、秘密鍵の情報を安全に管理する方法がセキュリティ上の課題になる。本研究では、安全な時間鍵管理局を実現するために、BonehとFranklinによって提案された分散RSA鍵生成法に基づいた分散公開鍵方式を適用し、指定された時刻まで秘密鍵の情報を安全に管理できることを示す。

This paper presents the notion of a "time-key" and a time-controlled cryptosystem which enables time-controlled encryption/decryption. It is important to securely manage highly sensitive information such as private key for decryption in a trusted third party. We propose a time-controlled cryptosystem based on the shared RSA keys method proposed by Boneh and Franklin. It provides a method of distributed secret management of tiem-key.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ

    電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ 98(227), 61-68, 1998-07-30

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003297319
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060811
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ