MRIによる舌・口底切除患者の3次元声道形状の分析 Three-dimensional analysis of vocal tract using MRI: Cases with tongue and mouth floor resection

この論文をさがす

著者

抄録

舌・口底切除患者の発声時の声道形状の特徴を調べるために,MRIを用いて3次元声道形状を抽出した.被験者は舌・口底切除患者1名,口底切除患者1名,および健常人2名で,被験音は/i/である.患者の声道形状の特徴として,正中矢状面に対する非対称性に着目し,健常人の声道形状との形状比較を行った.形状比較は口蓋部および咽頭部にて行った.その結果,患者の声道断面形状には手術の影響による顕著な非対称性が見られることを示した.これは,患者の異常な音声の要因の1つである可能性がある.

Magnetic resonance imaging (MRI) techniques were used to investigate three-dimensional vocal tract shape of patients after tongue and mouth floor resection. The vocal tract shape during the production of the vowel /i/ were analyzed. Subjects were two patients and two normals. Vocal tract asymmetry with respect to the mid-saggital plane was analyzed between the patients and the normals. The result shows that the patients' vocal tract have marked asymmetry caused by the surgery. It is possible that the asymmetrical vocal tract shape causes patients' abnormal voice.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声  

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 100(725), 1-6, 2001-03-22 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件

被引用文献:  3件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003297928
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5746532
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ