舌・口底切除患者の3次元声道形状モデルの有限要素法による分析 FEM analyses of Three-Dimensional Vocal Tract Models After Tongue and Mouth Floor Resection

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,口腔疾患を有する声道の構造的特徴と音声の音響的特徴の関係に関する調査を目的としている.本稿では健常者と舌・口底切除患者のMR画像から3次元声道形状モデルを計算機上に構築し,有限要素法により分析した3次元声道モデルの声道伝達関数について示す。また,音声のフォルマントと推定された声道伝達関数との比較を行った結果を示す.母音の音響的特徴であるF_1,F_2に関して,本手法で得られる声道伝達関数は実音声との近似がとれていることを示す.さらに1次元近似モデルとの比較を行い,本手法の優位性を示す.

This paper shows three-dimensional vocal tract models constructed on a computer from MR images of normal persons and patients after tongue and mouth floor resection, and vocal transfer functions of three-dimensional vocal tract models estimated by a finite element method. In addition, it shows comparisons of the estimated transfer functions of the vocal tract models with formant frequencies uttered by normals and patients Japanese vowel /i/. The peak positions of the transfer functions by this method give good agreement with F_1 and F_2 frequencies of the utterd speech. Moreover it shows that this method is more useful than one-dimensional models.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声  

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 100(725), 7-14, 2001-03-22 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件

被引用文献:  7件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003297930
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5746574
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ