発声重複区間を含む対話音声の話者区分化に関する検討 A study of speaker segmentation of dialogue speech with speech overlapped section

この論文をさがす

著者

抄録

談話分析作業を支援するツールの開発を目的として, HMMを用いた発声重複区間を含む対話音声の話者区分化に関する検討を行った.発声重複区間のHMMを, (1)対象話者の同一発声の単語音声データを加算したデータを用いて学習する方法と, (2)対象話者の単語音声データをランダムに加算したデータを用いて学習する方法でそれぞれ構築した.これらの方法で発声重複区間のHMMを構築し, 発声重複区問を含むように作成した評価用データに対して話者区分実験を行った.その結果, 正しく話者区分化を行えた区間の割合が前者より後者の方が良い結果を得た.また, 認識に用いるHMMネットワークに関して不要な状態遷移を削除し, それぞれの状態遷移に遷移確率を付加することで, エラー数を減らすことができた.

In this paper, speaker segmentation of dialogue speech was studied to develop a support system for dialogue analysis. The dialogue speech addressed in this study was spoken by two speakers, and had speech overlapped section. To train HMM for the overlapped section, two different speech databases were constructed : (1)same words spoken by the two speakers were added ; (2)pairs of different words spoken by the two speakers were added. These two training approaches were compared using dialogue speech data. The experimental result showed the latter have better performance. In addition, removing redundant arcs on the HMM network was improved the performance.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声  

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 101(522), 31-36, 2001-12-13 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003298137
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6043756
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ