韻律データベース構築のための韻律に基づく韻律句ラベリング Prosodic phrase labeling based on prosodic features for developing prosodic database

この論文をさがす

著者

抄録

日本語韻律データベースを構築するために, 詳細なセグメンテーションを行った.この韻律データベースには, 東京方言の男女各3人により発声された, 朗読発話と模擬自発発話が収録されている.音声データのセグメンテーションの単位は, 言語音声知覚単位として定義される「韻律句」とした.正確にセグメンテーションを行うために, 従来用いられてきた広帯域スペクトログラムに加え, 狭帯域スペクトログラムも用いて, 音声波形振幅の変化, 基本周波数の変化, 高次も含めたフォルマント振幅の変化を総合して韻律的セグメントの候補を決定し, さらに1基本周期単位の時間調整を行って最終的に聴取によって「切れ具合」を確認した.さらに, 全データを1人が精査することにより, セグメンテーションに関する一貫性を目指している.

A very detailed segmentation of prosodic phrase has carried out in order to construct a Japanese prosodic database. The database, referred to here as "Japanese Multext", contains read style speech and spontaneous style speech by three male speakers and three female speakers in Tokyo dialect. The "prosodic phrase", we introduced as a unit of the segmentation, was defined and regarded as a unit of language speech perception. For the exact segmentation, the wide-band spectrum, the narrow-band spectrum, fine speech wave and fundamental frequency shapes, and transition of amplitude of the higher order formants were adopted to enumerate the candidate points for the segment boundary. Fine time adjustment by the steps of the respective fundamental period of the speech determined the exact boundary. To maintain the consistency of the segmentation, one person ascertained the entire segment carefully.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声  

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 101(603), 23-30, 2002-01-17 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  12件

被引用文献:  3件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003298169
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6079767
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ