実環境下音声認識の評価の標準化とその動向 Towards Standardization and Evaluation Framework for Noisy Speech Recognition

この論文をさがす

著者

抄録

現在の音声認識は,実使用環境に存在する雑音などの外的要因により性能劣化を免れない.このため,これまで数々の研究が行われてきた.しかしながら,異なるタスク,異なる評価データが用いられてきたため性能の比較が非常に困難であった.このため,米国や欧州で種々のプロジェクトが企画された.本稿では,これらのプロジェクトと日本において著者らが進めている雑音下音声認識の評価フレームワーク構築の活動についての現状と今後の予定,狙いについて述べる.

Performance degradation by environmental interference such as noise and reverberation is inevitable for the current state of the art speech recognition. So far there have been many researches to overcome this problem. However, it has been very difficult to know actual improvements and compare those methods since those methods were developed for individual tasks and on different corpus. Recently, two projects have been organized in USA and Europe. This paper introduces those projects briefly, and also introduces current activities and a future road-map of a common standardized framework for noisy speech recognition organized by the authors.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 104(542), 49-54, 2004-12-21

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003298443
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7222376
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ