喉頭腔の音響特性(一般, 一般, チュートリアルレクチャー) Acoustic characteristics of the laryngeal cavity

この論文をさがす

著者

抄録

喉頭腔の音響特性を求めるため, 5母音の声道断面積関数を用いて共鳴モード解析を行った.その結果, 喉頭腔の共鳴周波数付近では, 喉頭腔と咽頭腔との接続部で体積速度が増大するため, 喉頭腔を除く声道部分(主声道)に両端を開口端とする共鳴モード(開管共鳴)が生じることが示され, その共鳴は本研究に用いた声道では第4フォルマントであった.それ以外のフォルマントでは喉頭腔と咽頭腔との接続部における体積速度が小さいため, この部分を閉鎖端として主声道に片開き管の共鳴モード(閉管共鳴)が生じることも明らかになった.

Resonant mode analysis was performed on area functions of the five Japanese vowels to investigate acoustic properties of the laryngeal cavity. Around the resonance frequency of the laryngeal cavity, a remarkable increase in volume velocity was observed at the junction between the laryngeal and pharyngeal cavities. This suggests that the vocal tract proper (i.e., superior to the laryngeal cavity) resonates like an open tube. In the present study, such resonance was found to occur at the fourth formant. By contrast, the low volume velocities observed at the other formants revealed that at those frequencies the junction could be considered as a closed end, with the vocal tract proper resonating as a closed tube.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声  

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 105(97), 13-17, 2005-05-19 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件

被引用文献:  2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003298612
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7361953
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ