優先度つき状態遷移図における経路評価 Upon an Object-Oriented Software Testing : Evaluating Paths Using Priority in a State Transition Diagram

この論文をさがす

著者

抄録

本報告では, 状態遷移図に与えられる優先度を利用して優先度の高い局所的な部分に限定しながらテストを行なう方式について議論する. 代書遷移図からテスト項目を生成する場合, 従来方式のように全ての遷移を平等に扱うと膨大な数となり現実的でない. 熟練した人間のように何らかの優先度にしたがって対象範囲を絞り込んでからテストを行なう方式が望まれる. 本報告では遷移に付加した優先度の記述にもとづいて経路 (パス) の優先度評価を行う方式及び例題への適用結果について述べる. 優先度の基準を任意とすることで, 状況や目的に応じた局所的なテストを行なえる方法を提案する. 本報告は, オブジェクト指向ソフトウェアの振舞をテストする方式の要素技術開発として行なっている.

This report proposes a method of testing state transition diagrams (STD for short), which focuses on relatively small part on the STDs by using given priority relations on them. The size of test cases grows impracticable many. In case of a human expert, he step by step focuses and tests on relatively small subset of the original software. Priority relations, degree of importance or degree of criticality for example, are applicable to put into practice such the focusing. We give the algorithm of enumerating the subset of the STD in accordance with priority relations. So the size of the enumerated subset is drastically decreased then the local test on it run effectivly.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 96(210), 9-16, 1996-07-29

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003299060
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10386841
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ