OME2000-82 バイエンザイムリアクターを用いたオルニチン計測 OME2000-82 Development of the bienzyme reactor system for the determination of ornithine.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エビ類の鮮度判定に有用な、オルニチン量を簡便・迅速に計測するバイエンザイムリアクター型センサシステムの開発を行った。本センサシステムは、オルニチンカルバミルトランスフェラーゼ(OCT)とピルビン酸オキシダーゼ(POPG)をガラスビーズに固定化して酸素電極と組合せて構成した。これにカルバミルリン酸とピルビン酸を共存させた緩衝液を通液し、オルニチンをOCTでシトルリンとリン酸イオンに分解し、このリン酸イオンを用いたPOPGの酵素反応による酸素減少量からオルニチン量を計測する。

Bienzyme reactors system was developed for the determination of ornithine. The system was prepared from the immobilized enzyme reactors (ornithine carbamyl transferase : OCT and pyruvate oxidase : POPG) and an oxygen electrode. Tris-HCl buffer solution, containing carbamyl phosphate and pyruvic acid, was continuously transferred into the system at 35°C. Phosphate ion was formed enzymatically (OCT) by transformation of ornithine in the presence of carbamyl phosphate. Pyruvate oxidase is activated by the existence of phosphate. Therefore, ornithine is determined as oxygen consumption in enzyme reaction.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 100(252), 137-141, 2000-08-14  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003301218
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013334
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5482184
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ