視角90度の監視員の直多角形ギャラリへの配置アルゴリズム An Algorithm to Place the Guards with a Visual Angle 90 Degrees to the Rectilinear Art Gallery

この論文をさがす

著者

抄録

n個の辺で構成された多角形の内部を点光源でくまなく照射, あるいは監視員によって監視する際, 何個の光源あるいは何人の監視員が必要かを問う問題は, 一般にアートギャラリ監視問題とよばれている.ギャラリを構成する多角形が一般の多角形の場合には, ⌊n/3⌋人の監視員(点光源)が必要でありかつ十分であることが証明されている.また, 多角形が互いに直交する辺で構成される, いわゆるn辺直多角形である場合には, ⌊n/4⌋人の監視員が必要かつ十分であること, 視野角が90度に限定された監視員をギャラリの辺(壁)に配置するという制限をつけても, ⌊n/4⌋の監視員でギャラリ全体を監視することができることも証明されている.しかし, その証明法では明らかな配置手順が示されていないので, 本論文では, できる限り少ない人数の監視員を配置することも考慮し, 壁に⌊n/4⌋人以下の監視員を具体的に配置するアルゴリズムを与えた.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界

    電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 00081(00008), 1175-1180, 1998-08-25

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003312714
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013345
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135707
  • NDL 記事登録ID
    4549081
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-605
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ