メタデータについて -Dublin Coreを中心として  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

インターネットやディジタル図書館(Digital Library)上での様々な情報資源の検索や利用のためにメタデータの重要性が認められている。本稿ではインターネット上での情報資源の発見を目的として提案され、開発されてきたDublin Coreの現在の動向を中心として述べる。これまでSimple Dublin Coreと呼ばれる15エレメントからなる基本エレメントセットを決められている。一方、より詳紬で明確なメタデータ記述のためのqualifierと呼ばれるメタデータ記述のための要素が以前から議論されてきている。昨年開催された第7回ワークショップ(DC-7)以降、qualifierに関する議論を進め、2000年7月qualifierセットをはじめてアナウンスした。ここでは、承認されたqualifierを中心として、DC-7以降の話題について述べる。

Journal

  • Joho Chishiki Gakkaishi

    Joho Chishiki Gakkaishi 10(3), 53-58, 2000

    Japan Society of Information and Knowledge

References:  6

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110003320657
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10459774
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09171436
  • NDL Article ID
    5608490
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1782
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top