データの再利用が可能な複数用語体系ブラウジングシステムの構築 A Browsing System Based on Reusable Data Format for Various Terminological Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 高久 雅生 TAKAKU Masao
    • 図書館情報大学情報メディア研究科 Graduate School of Information and Media Studies, University of Library and Information Science
    • 江草 由佳 EGUSA Yuka
    • 図書館情報大学情報メディア研究科 Graduate School of Information and Media Studies, University of Library and Information Science
    • 伊東 千夏 [他] ITO Chinatsu
    • 図書館情報大学情報メディア研究科, (現)会社員 Graduate School of Information and Media Studies, University of Library and Information Science, (Presently)company employee
    • 石塚 英弘 ISHIZUKA Hidehiro
    • 図書館情報大学情報メディア研究科, (現)筑波大学図書館情報学系 Graduate School of Information and Media Studies, University of Library and Information Science, (Presently)Institute of Library and Information Science, University of Tsukuba

抄録

 本研究では,用語体系データの再利用による用語体系の作成支援を目的として,複数用語体系のブラウジングシステムを構築した.本システムでは,用語間の階層関係をクリッカブルマップ形式,HTML形式などとして図示することにより,利用者はその構造を直感的に把握できる.また,複数の用語体系の持つ用語とその階層関係を重ね合わせて表示することにより,利用者はそれらの構造を把握し,作成している体系に適した語彙を収集できる.また,システムが扱う用語体系データをXML形式で提供するするため,データの再利用が可能となる.さらに,分野や規模の異なる5つの用語体系にこれらの手法を適用し,その有効性を示した.本システムの利用者は,用語体系の構造をブラウジングしながら,複数の用語体系を任意の組み合わせで重ね合わせた結果を閲覧したり,XML形式として取得して再利用したりすることができる.

 We developed a browsing system for various terminological systems. Our system can support to create a new terminological system, using terms with hierarchical relationship picked up from existent terminological systems. A user can grasp the hierarchical relationships between selected terms intuitively, since our system illustrates the structure in clickable map form, HTML form, etc. Our system also integrates the terms with hierarchical relationships selected from several terminological systems, and displays the terms and relationships among them, therefore a user can grasp the structure and can collect the vocabularies suitable for the new terminological system for him/her to create. Moreover, our system provides reusable terminological data written in XML (Extensible Markup Language). Our system is successfully applied to five terminological systems which differ from each other in their fields or scales. Looking at the structuer of several terminological systems, a user of our system can browse the integrated result of one or more terminological systems in arbitrary combination, and can also acquire the displayed data as the XML form, and can reuse it for his/her task. These results indicate effectiveness and usefulness of our system.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌   [巻号一覧]

    情報知識学会誌 13(1), 10-22, 2003 

    情報知識学会

参考文献:  28件

被引用文献:  2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003320760
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09171436
  • NDL 記事登録ID
    6605726
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ