ミトコンドリア ND5 遺伝子の塩基配列から推定されたゲンジボタルの種内変異と分子系統 Intraspecific Genetic Variation and Molecular Phylogeny of Luciola cruciata (Coleoptera : Lampyridae) Inferred from the Mitochondrial ND5 Gene Sequences

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ゲンジボタルのミトコンドリアND5遺伝子をコードする塩基配列を用い, 地域個体間の遺伝的類縁関係を調べた.108地域から得られた307個体について909bpの塩基配列を調べたところ, 131のハプロタイプが検出された.次に, 塩基配列に基づき, 分子系統樹を作成したところ, これらのハプロタイプは大きく4つのグループに分けられることが明らかとなった.これらのグループのうち, グループIとIIの分布はフォッサマグナ地帯を境界として東日本地域と四国を含む西日本地域に分かれた.本州における両者の分布は, ほぼフォッサマグナを境に, 発光間隔が約2秒間隔の西日本タイプと約4秒間隔の東日本タイプに分かれることと一致した.九州では, 中央構造線を境に, 南側のグループIIIと北側のグループIVに分かれた.

Partial sequences (909bp) of the mitochondrial NADH dehydrogenase subunit 5 (ND5) gene were determined for 307 individuals of Luciola cruciata (Coleoptera : Lampyridae) collected from the 108 locations in Japan. From the sequences obtained 131 different mitochondrial DNA (mtDNA) haplotypes were found. From the results of the neighbor-joining (NJ) analysis, these haplotypes were divided into four major groups. The haplotypes of groups I and II were obtained from eastern and western parts of Honshu Island, respectively, which are separated along the Fossa Magna Zone. Those of groups III and IV were obtained from southern and northern parts of Kyushu Island, respectively, which are divided by the Mid-Tectonic Line. Population of Shikoku Island belonged to the group II.

収録刊行物

  • 昆蟲. ニューシリーズ

    昆蟲. ニューシリーズ 4(4), 117-127, 2001-12-25

    日本昆虫学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003374866
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11248127
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13438794
  • NDL 記事登録ID
    6045462
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z74-B297
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ