ライフサイエンス辞書から生命科学オントロジーへ From Life Science Dictionary to Life Science Ontology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 生命科学の急激な進展に伴って, 新しい事物や概念を表す用語が次々と誕生している。ライフサイエンス辞書(LSD)プロジェクトでは, 1993年以来, 様々な学問領域の研究者が協力し合って広範な生命科学(ライフサイエンス)の学問諸領域で使われる専門用語, 対訳, 用法を収集分析するとともに, 電子メディアで活用することのできる電子辞書やパソコンツールを開発し, ほとんどを無償で配布してきた。LSDプロジェクトで制作する辞書は, すべて学術論文の計量的な解析を行って制作した独自のデータベースに基づいている。このプロジェクトの現状と手法や経緯について紹介するとともに, 今後に計画している生命科学オントロジーへの発展の可能性について論じたい。

 In line with the recent progress in life sciences, vast numbers of words for new substances and phenomena have been appearing. Since 1993, we have been analyzing English texts of medical journals selected mainly from PubMed and collecting frequently-used terms with their frequencies, concordances, typical usages, definitions and translations. The data were recorded in a versatile database and edited into text-based English-Japanese and Japanese-English dictionaries (Life Science Dictionary-LSD) intended for public release. Here we describe the current status, methodology and history of the LSD, together with future plans regarding life science ontology.

収録刊行物

  • 情報知識学会誌   [巻号一覧]

    情報知識学会誌 15(4), 1-10, 2005 

    情報知識学会

参考文献:  2件

被引用文献:  2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003378952
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10459774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09171436
  • NDL 記事登録ID
    7715636
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1782
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ