多数の光源を用いるカラースキャナとその最適色彩設計法 Color Scanners with Multiple Light Sources and Optimum Color Design.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

3種類以上の異なる色光源でスキャン対象を逐次照明し, 対応する光電変換出力の線形結合を出力する種類のカラースキャナの色彩設計を対象にしている.合成されたカラースキャナの分光スキャン特性を等色関数に近似するために, サンプル波長ごとの誤差の2乗和を最小にするという意味で最適化する結合係数の設計法を示す.具体的に入手可能な10種類の色光源を用いて近似した結果, 平均測色誤差ΔE=1.48が得られた.また, 寄与の小さな色光源を使用しないで近似した結果, ΔE=1.89となった.いずれも等級Aの光電色彩計の許容誤差2.5を下回っている.さらに, カラービデオカメラ等の色バランス, 色再現性試験用の各種色票47種を対象に検討した結果, 色票の色とスキャナ出力の色彩情報との色差ΔE^*_<ab>の平均値が前者では1.16,後者では1.00となった.以上から正確な色彩情報を取得可能なカラースキャナを実現できることを明らかにした.

This paper determines the optimum color design for color image scanners that use multiple light sources, when the number of light sources is greater than three. Since it is difficult to control light source spectrum characteristics, additional, commercially available light sources are introduced. To obtain ideal color acquisition, a method is developed to minimize the sum of the square errors between the overall characteristics of the scanner and the color matching functions. Using ten different light sources, the average colorimetric error, Δ<I>E</I>, is 1.48. Eliminating the non-significant light sources raises Δ<I>E</I> to 1.89, which is still within acceptable limits for a Class A colorimeter, which has a specified tolerance of Δ<I>E</I>≤2.5. A total of 47 different color chips are tested to evaluate the optimally designed color scanner. The average color differences, Δ<I>E</I><SUP>*</SUP><SUB><I>ab</I></SUB>, is approximately unity.

収録刊行物

  • テレビジョン学会誌

    テレビジョン学会誌 47(6), 876-880, 1993

    一般社団法人映像情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003672819
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00151466
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-6831
  • NDL 記事登録ID
    3818516
  • NDL 刊行物分類
    M061(測定・測定器)
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-307
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ