VDT画面の表示モードに対する好みと疲労 Effects of presentation modes of VDT on preference and fatigue.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

VDT (Visual Display Terminal) 画面の陰画表示 (暗い背景に明るい文字) と陽画表示 (明るい背景に暗い文字) について, 作業をするのに好ましい文字輝度 (陰画表示の場合) と背景輝度 (陽画表示の場合) を求めた.また, 文字色と背景色の組合せはどちらの表示モードの方が主観的に好ましいか, 表示モードの違いにより疲労に差があるかどうかを検討した.なお, 好ましい輝度は調整法で求めた.色の組合せの好ましさの尺度化はThurstoneの一対比較法で行った.また, 疲労の程度はCFF (臨界融合周波数) の変動率の大きさから推定した.その結果, 好ましい文字輝度 (陰画表示) および背景輝度 (陽画表示) はともに約30cd/m<SUP>2</SUP>であること, 陰画表示の方が陽画表示よりも好みの評価は高いが, 作業による疲労は逆に陽画表示の方が陰画表示の場合よりも小さい傾向のあることなどが明らかとなった.

Optimum luminance levels of character color in negative presentations (light characters on a dark background) and background color in positive presentations (dark characters on a light background) were measured by an adjustment method. Subjective preferences of several combinations of the character color and the background color was scaled using Thurstone's pair comparison method. Fatigue was measured after prolonged VDT work with positive and negative presentations. The following results were obtained : (1) optimum luminance value was about 30cd/m^2 for light characters in negative presentations and light background in positive presentations ; and (2) negative presentations were preferred to positive presentations, but a lower degree of fatigue was induced with positive presentations.

収録刊行物

  • テレビジョン学会誌

    テレビジョン学会誌 40(11), 1133-1139, 1986

    一般社団法人映像情報メディア学会

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003675991
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00151466
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    0386-6831
  • NDL 記事登録ID
    3105700
  • NDL 刊行物分類
    ND86(電気通信--無線--テレビジョン)
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-307
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ