LLPTTP: 線形論理型言語コンパイラ処理系を用いた定理証明システム LLPTTP: Theorem Prover using Compiler of a Linear Logic Programming Language.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一階述語論理の節形式をPrologプログラムに変換し, Prologコンパイラ処理系を用いて定理証明を行うシステムとしてPTTP (Prolog Technology Theorem Prover)が知られている.本論文では,節形式を線形論理型言語LLPのプログラムに変換し, LLPコンパイラ処理系を用いることで,より効率的な証明探索が可能になることを示す.特に,証明中のリテラルをリソースとして追加することにより, ME (model elimination)処理を高速化している点に特徴がある.

収録刊行物

  • コンピュータソフトウェア = Computer software

    コンピュータソフトウェア = Computer software 20(5), 502-508, 2003-09-25

    日本ソフトウェア科学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003743135
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10075819
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    02896540
  • NDL 記事登録ID
    6968633
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1033
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ