キーボードによる日本語入力 Input Methods of Japanese Text Through Keyboard.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ソフトウェアの生産性が問題となっているが,必ず実効の上がる改善策としてキーボード教育がある.まず英文タイプのブラインド技術はわずか2〜3時間の初期訓練によって獲得できるものであることを示し,続いてタイピング作業の認知モデルを,タイピングCAIプログラムと関連させて述べる.ソフトウェア作成には文書化作業が大きな比重をしめるが,この作業効率を上げるには,下書きせずに技術者が直接ワークステーションで文書作成を実行することが望ましい.これには日本語入力の方法とそれをどのように教育するかが問題となる.そこでまず日本語入力の基本となる,各種カナ入力法について論評を加える.さらに漢字の直接入力法について論じた後,入力法の評価に関する研究をいくつか紹介し,それが非常に困難な問題であることを示す.最後にキーボードと計算機本体の接続を標準化すべきことを指摘する.

収録刊行物

  • コンピュータソフトウェア   [巻号一覧]

    コンピュータソフトウェア 5(3), 218-227, 1988-07-15  [この号の目次]

    一般社団法人日本ソフトウェア科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110003743496
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10075819
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02896540
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ